2020年7月4日放送「卓上の味 / ロックドゥカンブ」

ロックドゥカンブ

それは、ボルドーワインの頂点に君臨する

5大シャトーへの挑戦状か

ワイン作りの鬼才が、名もなき畑を買い上げ

唯一無二のワインを育てあげた

ロック・ド・カンブ

ボルドーの右岸コート・ド・ブール

好天も悪天もそのまま受け入れる製法で

その傑作は生み出された

並外れた凝縮度と、ベルベットのような艶やかな質感

世界に賞賛されるワインと、同じ名を冠したあの馬は…

 『ロックドゥカンブ』

生まれはニュージーランド

大いなる希望を胸に海を渡り

デビュー戦から、才能の片鱗を見せつける 

持ち前のレースセンスで連戦連勝

あっさりと重賞制覇を飾り、前途は洋々に思われた

しかし

彼は大きなハンデを抱えていた

季節が反転する南半球では

繁殖期が北半球より半年遅れとなる

3歳の若駒にとっては、大きすぎる半年の差

だが、そんな不利な条件も、彼は軽々と乗り越えていく

南半球産馬初のクラシック制覇へ

ファンは1番人気で迎えた

虎視眈々、先頭を伺うロックドゥカンブ 

栄光は、目の前にあった

超えられなかった壁は、距離か半年の差か

南半球の悲願は、叶わなかった

応えられずとも
期待集める存在であれ

夢多きこの地球の

味わい深さを知る者たちよ

ロックドゥカンブ
牡馬 青鹿毛
2004年9月29日生まれ
父:レッドランサム
母:フェアリーライツ

生涯成績:8戦4勝
獲得賞金:1億8922万6000円
主な勝ち鞍:ラジオNIKKEI賞(2007年)、セントライト記念(2007年)

■前回の土曜名馬座

タイトルとURLをコピーしました