土曜名馬座

2022年8月13日放送「王者の復活 / ドリームジャーニー」

不良少年の人生は、ボクシングとの出会いで一変する。ジョージ・フォアマン。無敗で勝ち進み、ヘビー級チャンピオンに。引退後に選んだのは、牧師の道。だが10年後、慈善活動の資金難に苦慮し、彼は、ボクシング界にカムバックする。ブランクを気迫が凌駕して、45歳で、王者に返り咲いた。人々を想う熱さが、拳を強くする…
土曜名馬座

2022年8月6日放送「ふたつの才能 / アジアエクスプレス」

天は、二物を与えず…。だが、彼は違った。ジョニー・ワイズミュラー。水泳界のトップに上りつめ、二つのゴールドメダルを手にした彼に、新たな可能性を見出したのは、映画界。ハリウッドは、鍛え抜かれた肉体に惚れ込んだ。抜擢したのは、超人的な能力を持つヒーロー。(映画『ターザン』12作に主演)映画は成功を収め、人気シリーズとなる。開花する才能は、一つだけとは限らない…
土曜名馬座

2022年7月30日放送「魂の相伝 / エアデジャヴー」

4億7000万年前。この星で、大量の酸素が発生し、知的生命体が栄える礎になったという。その立役者は、苔だった。小さな発芽を送り返し、地表を覆うと、秘めたる力を発揮した。豊富な水を蓄えた、緑のじゅうたん。種が落ちれば、樹木を育む土台となる。苔こそ、母なる大地そのものだ。神秘な営みに、ロマンが宿る…
土曜名馬座

2022年7月23日放送「天才への挑戦 / メイショウドトウ」

世界を揺るがした、自動車メーカー。その社名は、ある科学者に由来する。発明王のもとで働いていた青年は、わずか数カ月で、袂を分かつ。ニコラ・テスラ。天才エジソンが構築した電力システムに、異を唱えたのだ。持論を証明するために、自ら100万ボルトの電流を浴びせた、もう一人の天才。そして世界は、彼を選択した。信念を貫く生き様に、勝利は訪れる…
土曜名馬座

2022年7月16日放送「スーパースター / ナリタブライアン」

熱狂という言葉は、彼のためにあった。人類史上、最も有名なスーパースター。マイケル・ジャクソン 。圧倒的なパフォーマンスを支えたのは、人生を音楽に捧げる覚悟か。あのステップの発明でさえ、彼を語る偉業の一部に過ぎない。音楽の力を信じ続けた、キング・オブ・ポップ。今も人々の胸を、熱く焦がす…
土曜名馬座

2022年7月9日放送「偉大な母 / ケイアイガーベラ」

彼女は言った。私たちは、偉大なことはできません。大きな愛を持って、小さなことを行うだけなのです。マザー・テレサ。修道女を志したのは、12歳の頃。念願叶い、研鑽を積んだ彼女は、インドのスラムで、貧しい人々に尽くし続ける。やがて、その活動は共感を呼び、彼女の愛は、世界中に広がった。1979年、ノーベル平和賞を受賞。その意志は、時代を超えて受け継がれていく…
土曜名馬座

2022年7月2日放送「新天地 / アグネスワールド」

アフリカ、ジンバブエ。彼はこの地で、プロとしてのキャリアを始めた。ブルース・グロベラー。だが才能は認められず、遠く離れた国へ、活躍の場を求めた。名門への入団が決まると、チームはリーグ3連覇の快進撃。ヨーロピアン・カップでは、彼の鬼気迫るプレーが、勝敗を決めた。アフリカ大陸出身の選手として、初の欧州制覇。輝きは、新天地で待っていた…
土曜名馬座

2022年6月25日放送「一閃 / サイレンススズカ」

ストリートのグラフィティを、キャンバスに持ち込んだ天才。彼は成功を夢見て、ポストカードを売り歩いた。ジャン=ミシェル・バスキア 。やがて、運命の日が訪れる。ポップ・アート界の巨匠との出会い。アンディ・ウォーホル。才能を見初められ、スターダムへと駆けあがる。命を燃やすかのごとく、絵描き続けた彼は、27年の生涯で、およそ4,000点もの作品を残した。がむしゃらに駆け抜けた、生き様をたたえよう…
土曜名馬座

2022年6月18日放送「女神の礎 / エアグルーヴ」

人は、なぜ走るのか?生きる喜び、そのものなのかもしれない。マラソンが、男性だけの競技とされた時代。彼女は性別を隠して、出場を試みた。キャサリン・スウィッツァー 。レース中、女性であることを見とがめた運営側は、阻止しようとする。それでも完走を果たし、女子マラソンへの扉を開く、礎となった。走る喜びは、誰にも奪えない…
土曜名馬座

2022年6月11日放送「届かぬ栄光 / ダークシャドウ」

最強のパワーフォワードと呼ばれた男。重量級の体型でありながら、並外れた跳躍力を発揮する。チャールズ・バークレー。彼には、果たせぬ悲願があった。ファイナル制覇。強豪チームへと移籍し、ついに彼は駆け上がる。最後の相手は、マイケルジョーダン率いるシカゴ・ブルズ。最強軍団の前に、夢は散った。どんな強者にも、届かない栄光がある…
タイトルとURLをコピーしました