土曜名馬座

2020年10月3日放送「意地 / レッドファルクス」

クレイジー・アイリッシュマンよ。アイルランドのファイターは全てを手に入れようとした。だが、夢破れる。6度も叩きのめされてしまう。彼はバルセロナ五輪の銀メダリスト。 後に、バンタム級王者に。ウェイン・マッカラー。しかし、ベルトを返上し2階級制覇に挑み続けた。そのタフネスは未来へ語り継がれていく…
土曜名馬座

2020年9月26日放送「彗星のごとく / スターマン」

なんという宇宙の神秘か…。その彗星は1秒間に、ワイン500本分ものアルコールを放出するという。パリ天文台の研究チームが発表した。ラヴジョイ彗星。見事な輝きとロマンに、人々は酔いしれる…
土曜名馬座

2020年9月19日放送「君と見た夢 / リンデンリリー」

全身全霊で挑まなければ、限界は見えない 崖っぷちで強さを養い 己の身を惜しまず、限界に挑んだ勇者よ 二人の夢みる力は共鳴し 大輪の花が咲き誇った
土曜名馬座

2020年9月12日放送「覚悟 / ファインニードル」

春の日差しに心を躍らせ 秋の月にロマンを感じて その光は放たれた 覚醒は、どんな覚悟がもたらしたのか 負けを許さない、まばゆき魂よ
土曜名馬座

2020年9月5日放送「それぞれの時 / アストンマーチャン」

時間というものにはそれぞれの速さがあるのだろう。一瞬一瞬を走り抜く速さも、生涯を駆け抜ける速さも。閃光の如く輝きを放った逃走劇を、人々は永遠に忘れない…
土曜名馬座

2020年8月29日放送「巡り合わせ / マイネルレコルト」

若き力と強靭な心に、恐れは微塵もなかった。だが、生まれた時代が厳しい宿命を背負わせることもある。計り知れない苦悩。それでも流れに身をまかせ、巡り合わせを味わうほかない。心を燃やして、挑み続けたあの馬の名は…
未分類

2020年8月22日放送「大物食い / ヤマニンキングリー」

戦地に赴くその武将は、歯を黒く塗った。死してなお、高貴な身分の証として。今川義元、お歯黒の名将。25000人を凌ぐといわれる大軍を率いた男。東海道随一の軍事力と、外交力を駆使して、領地の拡大に成功していた。勢いづくこの今川軍に、わずか4000余りの兵力で攻め入った。尾張の若き大名、織田信長。歴史の転換点といえる戦い。多勢に無勢の信長が、奇襲により、今川の首を取る。向こう見ずか、計算づくか。大物食いは、常に挑み続けた…
未分類

2020年8月15日放送「ザ・バイプレイヤー / ナイスネイチャ」

こいつを食べると思い出す。あの映画の名脇役。謎のテロリスト集団に、刑事が一人戦いを挑む。アクション映画の金字塔、映画『ダイハード』。圧倒的に不利な戦い。そのヒーローを支えるのがスイーツ好きの警官だった。レジナルド・ヴェルジョンソン。かつて誤って子供を撃ってしまった彼は銃口を人に向けられない。だが、主人公を守るためついに発砲。トラウマは消え失せた。己の殻を打ち破った瞬間、彼は主役をしのぐ、輝きを放っていた…
土曜名馬座

2020年8月8日放送「砂の帝王 / ホッコータルマエ」

食料の重さが命取りとなり信号弾が、唯一の命綱となる。ここは人を寄せ付けないサハラ砂漠。地球上で最大の砂漠の中、200km以上を走破する世界一過酷な、サハラマラソン。この大会で栄光を10度も掴んだ男 ラーセン・アハンサル。限界知らず、砂の帝王よ。なぜそこまでして走るのか。彼の先を行く強者など、誰もいないというのに…
土曜名馬座

2020年8月1日放送「継承 / デアリングハート」

今宵、名画の余韻とともに…。『カサブランカ』。ナチスに追われた人々は、北アフリカのこの街に逃げ込んだ。ここで、別れた恋人と再会するヒロイン、イングリッド・バーグマン。世界中を虜にした、その瞳。ハリウッドの黄金期に燦然と輝いた君の瞳に、乾杯。そして彼女の孫娘もまたファッション界で開花の時を得た。美しさと気品と優雅さと。受け継がれた血は争えない…
タイトルとURLをコピーしました