本ページはプロモーションが含まれています

2023年8月19日放送「BeBop / ネオリアリズム、ノームコア、アドマイヤムーン」

かつて、バードと呼ばれた

天才サックス奏者がいた

チャーリー・パーカー

何もない地方都市で生まれ

ジャズだけが希望だった

仲間とセッションに明け暮れ

ジャズの即興に画期的な自由

ビバップを吹き込んだ

スリリングな音を引っさげ

憧れの街マンハッタンへ

伝説は、この場所(バードランド)から始まった

ようこそ、名馬たちの物語へ

風のロマンを伝えたあの馬の名は…

『ネオリアリズム、ノームコア、アドマイヤムーン』

札幌の2,000mは、世界へと続く聖地なのか

名手を背に、札幌記念を制したネオリアリズム

翌年、香港に渡ると…

海外GⅠ馬に上り詰めた

ヴィクトリアマイルを

世界レコードで制したノームコア

彼女は翌年、中距離路線に本格参戦

夏の札幌で、重賞タイトルを掴み取ると…

引退レースの香港カップで

二つ目のGⅠタイトルを手にした

そして彼もまた、札幌から世界へ羽ばたいた

3歳春のクラシックを

無冠で終えたアドマイヤムーン

秋に向けて、札幌記念から再スタートを切ると

翌年は、ドバイでGⅠ初制覇を飾る

更には、宝塚記念で凱旋勝利を果たし

秋にはジャパンカップに挑む

早め先頭に立つも

メイショウサムソン、ウオッカという

2頭のダービー馬たちが猛追

だが、世界を制した意地で先頭を譲らず

見事に、引退の花道を飾った

新天地を求めて
果敢に挑め

立ち向かう喜びが

夢を奏でる

ネオリアリズム
牡馬 栗毛
2011年3月22日生まれ
父:ネオユニヴァース
母:トキオリアリティー

生涯成績:22戦8勝
獲得賞金:(中央)2億3355万9000円 / (海外)13,900,000香港ドル
主な勝ち鞍:クイーンエリザベス2世カップ(2017年)、中山記念(2017年)、札幌記念(2016年)


ノームコア
牝馬 芦毛
2015年2月25日生まれ
父:ハービンジャー
母:クロノロジスト

生涯成績:17戦7勝
獲得賞金:6億975万700円
主な勝ち鞍:香港カップ(2020年)、札幌記念(2020年)、富士ステークス(2019年)、ヴィクトリアマイル(2019年)、紫苑ステークス(2018年)


アドマイヤムーン
牡馬 鹿毛
2003年2月23日生まれ
父:エンドスウィープ
母:マイケイティーズ

生涯成績:17戦10勝
獲得賞金:11億8772万7000円
主な勝ち鞍:ジャパンカップ(2007年)、宝塚記念(2007年)、ドバイデューティーフリー(2007年)、札幌記念(2006年)、弥生賞(2006年)、共同通信杯(2006年)、札幌2歳ステークス(2005年)

■前回の土曜名馬座

タイトルとURLをコピーしました