土曜名馬座

土曜名馬座

2020年2月15日放送「異彩 / ダイナガリバー」

人々は稀有な存在に魅せられる。その刺激は、一度知ったら、忘れがたい。美男美女がしのぎを削るハリウッドでひときわ異彩を放つ俳優。スティーヴ・ブシェミ。怖く、悲しく、ときに優しく。彼は独特の風貌と演技で、人々を魅了した。圧倒的な存在感とは、胸に焼き付き、離れぬものだ…
土曜名馬座

2020年2月8日放送「父の背中 / リーチザクラウン」

シャンパンファイト勝者にのみ与えられる、特別な味わい。世界三大レースを制した唯一の男グラハム・ヒル。モナコ、インディ500、ル・マン。父と同じ道を選んだその息子は常にプレッシャーの中にいた。デイモン・ヒル。1996年熾烈を極めたシーズン最終戦でF1史上初、親子2代で世界チャンピオンとなる。父の背中を追い続けた末に手にした悲願のタイトルに乾杯…
土曜名馬座

2020年2月1日放送「1cm差のバトル / フラワーパーク」

勝つためには、日々のトレーニングが欠かせない。勝負の世界で生きるとはそういうことだ。「ツール・ド・フランス」ステージ優勝14回。輝かしい記録を持つ男がいる。マルセル・キッテル。200kmを超える道のり。彼は壮絶を極めたレースを僅差で制した。あまりにも大きな1cmそれが、明暗を分けた勝負だった…
土曜名馬座

2020年1月25日放送「いぶし銀 / ランニングフリー」

ただひたすらに、好きなことをやってきた。目の前の試合だけに集中した17年。カル・リプケン・ジュニア。彼は2632試合連続出場という、世界記録を打ち立てた。コツコツと続けることが、美徳とされなくなった時代に、彼の記録は、大切なことを教えてくれた。いぶし銀。その輝きが、人々の心を照らし出す…
土曜名馬座

2020年1月18日放送「華麗なる変身 / テイエムプリキュア」

カメレオンは怒りや求愛、己を表すためにその姿を変える。あの女優もまた、華麗な変身で人々を魅了した。ある時は猿に、またある時は王妃に。求められれば、暗黒時代を支配する暴君にも扮する。まさに変幻自在。ヘレナ・ボナム=カーター。常に自分を塗り替えていく。そこにチャンスは生まれるのだと教えてくれる…
土曜名馬座

2020年1月11日放送「孤高のロマン / シンザン」

相撲は人生。横綱は孤独。昭和の大横綱は、そう語った。大鵬。頂点に君臨し、時代を彩った伝説のヒーロー。その圧倒的な強さは、記録にも記憶にも残る。だが栄光は、重圧と背中合わせの日々。強者ゆえの、孤独と戦い続けていたのだろう…
土曜名馬座

2020年1月4日放送「ZONE / ラブリーデイ」

ゾーンに入る。極限まで、集中力が高まる状態。その領域に入ると、人間は驚異のパフォーマンスを生み出すようだ。NBAの記録を塗り替えた男『クレイ・トンプソン』。開幕からのスランプがウソだったかのように、1試合で14本のスリーポイントシュートを成功させた。ゾーンに入ったその勢いは、誰にも止められはしない…
タイトルとURLをコピーしました