土曜名馬座

2021年11月27日放送「女王伝説 / アーモンドアイ」

あの女王は、大英帝国を築き、領土を拡大し続けた。ヴィクトリア女王 。なぜ、文化・人種の異なる国々を、治めることができたのか。それは、母が子に慈愛を注ぐかのような佇まいが、植民地の人々の心を、和らげたからだろう。七つの海を支配した女帝は、太陽の沈まぬ国に相応しき、輝きをまとっていた…
土曜名馬座

2021年11月20日放送「魂の継承 / ジェニュイン」

魂の連鎖か。その画には、偉大なる一族の血が宿る。宗教画が主流だった時代。人々は、この風景画を愛した。スケートをする人たちと鳥罠のある冬景色。冬スケートを楽しむ人々。よく見ると罠も 。日常の危険と運命の儚さを描いたこの画には、模倣作がある。巨匠の心を、息子がなぞったものだ。受け継がれてゆく魂の絵画。ピーテル ブリューゲル(父)ピーテル ブリューゲル(子)。父の名声を不動のものにした子孫たち。その名は、今もなお語り継がれている…
土曜名馬座

2021年11月13日放送「長女として / ダンスパートナー」

長女は、聞き役に回ることが多いという。世界一有名な音楽一家。ジャクソンファミリー。9人兄弟の中で、最初に産声を上げた彼女は、弟や妹に、絶大な信頼を寄せられていた。リビー・ジャクソン。兄弟の成功を思いやる日々。初のソロアルバムがヒットを放ったのは、34歳の時だった。控えめなその花は、ゆっくりと開花を迎えた…
土曜名馬座

2021年11月6日放送「リベンジ / シュヴァルグラン」

地球の双子星と呼ばれる金星。探査機あかつきは、この星へと打ち上げられた。だが、まさかのエンジントラブル。太陽の軌道を周回することとなる。待つこと5年。あかつきは、再び金星にアタック。補助エンジンだけで、軌道に乗った。執念の力か。無謀な再挑戦を、銀河が見守っていた…
土曜名馬座

2021年10月30日放送「目覚め / ゼンノロブロイ」

ゴミ箱にグラブを投げ捨てた、メジャーリーガーがいた。それを拾い上げた球場職員は、彼のもとに戻した。サンディー・コーファックス。「あなたには、まだ必要なものだ」。史上最強の左腕と評された男も、デビュー当初は不振続き。野球を諦めようとした瞬間を救った逸話だ。折れかけた翼は、目覚めとともに再生していく。語り継がれる、レジェンドよ…
土曜名馬座

2021年10月23日放送「共走の夢 / ナリタトップロード」

レースとは、無謀な戦いを強いるものだ。映画『フォード vs フェラーリ』。ル・マン24時間耐久レース。絶対王者フェラーリに挑んだフォード。勝利請負人のエンジニアとドライバー。このタッグは、歴史に残る名車を産んだ。フォード GT 40。二人の意地とプライドが、王者を打ち砕いていく。クリスチャン・ベール、マット・デイモン。史上唯一、ル・マンを制した米国車。その走りは、希望をもたらした…
土曜名馬座

2021年10月16日放送「海を越えて / ディアドラ」

時は明治。世界に羽ばたいた、女優がいた。川上貞奴。アメリカ、イギリスと巡演して脚光を浴び、その名は、海をこえて轟いていく。パリ万博で、妖艶に舞ったジャポニズム。フランスの演劇雑誌の表紙も飾った。ロダンやピカソも心酔した、エキゾチックな渡り鳥。彼女が叶えたものとは…
土曜名馬座

2021年10月9日放送「ライバルの壁 / リアルスティール」

ライバルに挑み続けることが、定めだったのか。モトクロスのレーサーから転身した、異色のゴルファー。リッキー・ファウラー。アマチュア界のランキング1位を経てプロへ 。しかし、最強のライバルが立ちはだかる。ロリー・マキロイ。メジャー大会で上位に食い込むも、タイトルには届かず。全米プロでは、2打差で惜敗した。生まれた時代が、困難を強いる。眩い栄光を掴み取るまで…
土曜名馬座

2021年10月2日放送「Biggest / ヒシアケボノ」

人間空母と、人は呼んだ。身長185cm。ヘイスタック・カルホーン。全盛期の体重は、273キロという。その巨漢を支えたのは、恐るべき食事量。食欲を満たすために、この道を選んだ。そんな噂も絶えなかった。一度に5人の相手とも戦い、あの力道山にも善戦した。彼は、時代を大きく揺り動かした、伝説のレスラーだった…
土曜名馬座

2021年9月25日放送「彗星 / マチカネフクキタル」

ロックのルーツを辿って、ロックンロールの名曲に出会う。ビルボードで、8週連続1位を記録。エルヴィス・プレスリーに先んじた彼こそ、ロックンロールの先駆者と言えまいか。ビル・ヘイリー。音楽の世界に、革命を起こした巨大彗星。一瞬のきらめきが、永遠となる…
タイトルとURLをコピーしました