meibakan

土曜名馬座

2021年2月27日放送「覚醒者 / ジャスタウェイ」

その覚醒は、突如起こったかに、見えるかもしれない。だが、たゆまぬ鍛錬こそが、異次元への、爆発力を培っている。小さな雨だれが、大理石を穿つ。世界という石を、打ち破った名馬よ…
土曜名馬座

2021年2月20日放送「貪欲 / ヴァーミリアン」

誰も成し得なかったことを、全うしたい。満ち足りることのない貪欲さで、太く、長く生きた名馬がいた。尋常ではない執念。高みを目指す鋼の意志。かくして伝説は生まれた…
土曜名馬座

2021年2月13日放送「挑戦者 / シックスセンス」

何もしなければ、決して負けることもない。だが、英雄の影を追って、挑み続ける者がいる。たとえ、最高峰の登頂に敗れたとしても、山がそれ以上、高くなることはない 。飽くなき挑戦者は、それを知っている…
土曜名馬座

2021年2月6日放送「女傑伝説 / リスグラシュー」

気高き大輪の花は、開花を急がない。時間というエネルギーを存分に蓄えて、あらん限りの力で、咲き誇る。その女傑は、男たちを相手に、やがては、世界を舞台に大輪の挽花となった。人生に遅すぎることなど、何一つない…
土曜名馬座

2021年1月30日放送「転変 / メイショウボーラー」

文豪は言う。新たな一歩を踏み出す、新たな言葉を発する。それこそ、人々が最も恐れることである 。軍事訓練に明け暮れる毎日。若き日々は、彼にとって苦痛でしかなかった。フョードル・ドストエフスキー。本を読むことだけが、唯一の救い。そんな彼が、ほとばしる情熱を傾けた処女作『貧しき人々』。人々の孤独と屈辱を訴え、傑作と絶賛された。己の道へ踏み出す、その決意こそが、才能なのかもしれない…
土曜名馬座

2021年1月23日放送「不屈 / アンバーシャダイ」

筋力の強さのみならず、研ぎ澄まされたバランス感覚が、美しさとスピードを生み出す。その感覚を得たものだけが知る、高揚感がある。スノーボード初代パラリンピック王者、エヴァン・ストロング。17歳のとき、事故で失われた左足。義足での生活を余儀なくされる。金メダルのを手にしたのは、事故から11年後。心のバランスも失わず、不屈の精神力を見せつけた。それが、生きるということだから…
土曜名馬座

2021年1月16日放送「光と影 / エイシンフラッシュ」

人生を物語るのは、光と影。俳優、そして監督としても高い評価を得た男。メル・ギブソン。しかし彼は、栄光にそぐわないスキャンダルを度重ね、ハリウッドから追放されてしまう。輝かしい過去を失っても、未来を信じた彼は、10年後、メガホンをとった。作品は、アカデミー賞の6部門でノミネート。長いトンネルを抜け、彼は再びまばゆい光を浴びた…
土曜名馬座

2021年1月9日放送「真珠を胸に / シーキングザパール」

自然が育んだ、ありのままの存在は、人と出会い、ジュエリーへと昇華する。ピンナップの女王から、類い稀な向上心で、ハリウッドのミューズに上り詰めた彼女、 マリリン・モンロー 。ハネムーンで来日し、夫から贈られた真珠のネックレス。あらゆる宝石を纏う機会を得ても、一生涯、シンプルなパールを愛したという。その生き方は、長い年月をかけて深い輝きを増していく。真珠のようなものだったのかもしれない…
土曜名馬座

2020年12月26日放送「時代の夢 / キタサンブラック」

9,000本を超えるシュートを外し、数百の試合に負けた。ヒーローは、数多の失敗の上に、成功があると語った。マイケル・ジョーダン。驚異的な跳躍力で、空中を歩くように飛び、10回の得点王に輝く。バスケットボールブームを、世界中に広めた立役者だ。シカゴ・ブルズでのラストゲーム。あの神がかったプレーは、世紀を超えて、語り継がれていくだろう…
土曜名馬座

2020年12月19日放送「天命 / グランプリボス」

栄光か、絶望か。命がけのF1ドライバー。闘志あふれる走りで、今も語り継がれる男、ジル・ヴィルヌーヴ。だが、王者への期待を背負ったまま、彼は、ベルギーグランプリで帰らぬ人となった。血を受け継いだ息子は、偉大な父の重圧を胸に、同じ道を選んだ。ジャック・ヴィルヌーヴ。初年度から4勝。翌年には、父が果たせなかったF1王者に。プレッシャーが、己の限界を押し上げたのか…
タイトルとURLをコピーしました